板橋区立中央図書館いたばしボローニャ絵本館

2021年3月に開館となる新中央図書館は、現中央図書館で課題となっていたユニバーサルデザインの考え方を取り入れた建物となっています。
板橋区平和公園内に建設され、区内図書館で唯一のカフェを併設することで、公園利用者も気軽に立ち寄れる公園一体型図書館です。
また、利用者の利便性などを考えて、自動貸出機、返却機、セキュリティゲート、Wi-Fi等を導入して、ICT化を進めています。 さらに、新中央図書館は、世界100カ国、70言語の海外絵本を所蔵するいたばしボローニャ絵本館と一緒になり、赤ちゃんからお年寄りまで、幅広い世代に絵本の魅力を届け、「絵本のまち板橋」の発信拠点にしていきます。

名称

板橋区立中央図書館 いたばしボローニャ絵本館

住所

板橋区常盤台四丁目3番1号(板橋区平和公園内)

最寄り駅

東武東上線上板橋駅 徒歩5分

開館日

2021年3月28日

施設概要

階数 地上4階(屋上階含)地下1階
駐車場 自動車9台(障がい者用1台含)バイク2台
蔵書数 開館時32万冊、最大収蔵数50万冊
開館時間 午前9時~午後8時
休館日 毎月第2月曜日(祝日にあたる場合は翌営業日)、毎月末日(3月を除き、土日祝の場合は翌平日)、年末年始(12月29日~1月4日)、特別整理期間

 公園と連続した賑わいと活気あるフロア

総合カウンター、いたばしボローニャ絵本館、予約資料受け取りコーナー、児童コーナー、図書館ホール、カフェ

 図書館の中心的機能を果たすフロア

総合カウンター、一般書架、ティーンズコーナー、ティーンズルーム、テラス

 館内でもっとも静かな「板橋区民の書斎」

レファレンスカウンター、一般書架、板橋区コーナー/櫻井徳太郎コーナー、学習ルーム、展示資料室/対面朗読室、テラス

 図書館を支えるバックヤードのフロア

事務室、駐車場、書庫、災害対策用倉庫

併設施設

カフェ

MAP